関岡クリニックホームへ 関岡クリニックホームへ ホーム
関岡クリニック
診療時間 救急 交通地図 診療対象 設備 各種健診 予防注射 在宅診療 禁煙指導 循環器検査
 
     
 
 
 
 
 
 
 
冠動脈疾患例

冠動脈CT検査は 狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈などで心臓の冠状動脈に異常が疑われる場合に実施されます(検査法)。冠動脈に狭窄(動脈硬化)のある場合、身体の他の部位の血管:脳頸動脈や下肢の血管(閉塞性動脈硬化症)、腎血管にも狭窄が合併する場合は多く見受けられます。そのような傾向に注意しながら身体の他の部位の狭窄が他の簡便な検査で疑われる場合は MDCTで造影検査を行います。特に動脈硬化の要因となる脂質異常症、高血圧、糖尿病では 薬の処方だけでなく、この様な病態に 症状が無くても早期から注意をする必要があります。当院の検査症例を提示します。

 

 

 

 

 

 

当院の上記の病状から行われた過去9ヶ月間91例の年齢分布、基礎疾患を示します。
冠動脈CT検査基礎疾患

 

 

 

 

 

 

 

虚血性心不全の冠動脈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステント治療後再狭窄例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冠動脈形成術ステント